top of page

「77」

「地元」って、なんだか少し閉鎖的に感じるのはぼくだけだろうか。東京に住んでたときは、友達紹介するよって気軽に互いに紹介しあっていた気がするが、地元に戻ってきてからは、そんなことが結構少なく感じる気がしている。

どこか閉鎖的というか、そう感じているのはぼくだけだろうか。 昔は東京でお笑い芸人を志していたから、どんな繋がりでもきっと何かになるからという思いで、好きも嫌いも、合うも合わないも、関係なく結構外に出かけた。それからアパレル業にまた戻り、東京でいろんな人に出会った。沢山の人に会ったから、学ぶこともできたし、対人関係も沢山経験できた。

かといって、誰でもいいし、なんでもいいから人と出会いたいという感覚は、最近は結構なくなってきたが。

「今日、〇〇の仕事してる人と食事するけど、山田と繋がりそうだから一緒に食事する?」って感じで、その逆もしかり、こうした気軽な紹介というものが結構最近はない。東京に出張に行けば、少なからずそうしたこともあるけど、地元ではちょっとその辺りが物足りない感じだ。

でもまぁ考えてみれば、これも地元の良さであるのだろう。自分の家族や友達、いわゆる身の回りが安心安全であればいいことだし。どちらが必ずいいということではないが、そのどちらも味わうことができて、自分に合うのがどちらかを見分けられるのが一番いいなと思う。

ぼくはやっぱり都会も好きだ。「都会6対4田舎」くらいがちょうどいいかもしれない。そ

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comentários


bottom of page