top of page

「320」虚構と現実

結構多くの人が感じてるだろうけど、あっという間に1月が過ぎ去った。さあ新年を!と意気込んでた1ヶ月前が懐かしく感じる。それほど時の流れは早いという事で、ぼーっとしてると置いていかれる。かといって急ぎすぎてもなんだし、難しいものだとも感じる。

だけど、それって結局人間が作った社会的時間であり、虚構であるって思う。

ワンちゃんを飼ってるんだけど、あの子には全くその概念がない。ただ毎日ぼくという主人の帰りを待ち、ご飯を食べ、おもちゃで遊んだり、たくさん寝たり。

人間はそんなペットを見て「お前たちは悩みがなくていいなぁ」なんてボヤいたりしてるけど、それさえも人間が勝手に抱いてるものだし、虚構だと思える。

人生フルーツというドキュメンタリー映画を以前に見たけど、やっぱりこういった事を考えるときに、思い出す映画だ。

風が吹けば、落ち葉が落ちる。 落ち葉が落ちれば、土が肥える。 土が肥えれば、果実が実る。 こつこつ、ゆっくり。 人生フルーツ

ただ自然に身を任せ、起きる事象にそれ相応な行動をし、そこから生まれる自然の恵みをいただき生きる活動をする。 そんな、ただなんでもないと思える事が、結局は一番動物的であり、人間的であると思う。それが現実だ。

だからこそ時間だとか、世間だとか、メディアやSNSだとか、そういったことに気を取られて生きてしまってはいけないな。それら大半の事は虚構の世の中だけど、その中にいるとすごい気づきにくいし、忘れがちだ。

ワンちゃんには現実だけが存在し、嘘が全く無い。そういった意味で動物は癒されるのかも。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Opmerkingen


bottom of page