top of page

「298」みな、対等である

youtubeとかで、過去の大物の対談を見たりしていて思うんだけど、やっぱ大物たる者、みんなどんな相手が来ようが怯まないなぁ。

”なめられちゃ終わり”とか”ひれ伏したら負け”ってことを大前提で話合っていることを感じる。

確かにそうだよな。ぼくは前までは、ワザとヘコヘコしたりしていた。そうやってお伺いを立ててやっておけば物事の流れはスムーズだから、それが多分体に染み付いてしまっていた。その時点で既にダメだったなと、最近ではよく思う。だからこれからは一切そのようにはしない。

ただ、ぼくの場合はワザとヘコヘコしてるだけで、意外と人の事を簡単に認めていなかったり、心の底から相手に対してスゴイと思うことはほとんどない。腹黒いっちゃあ腹黒いけど、それがぼくの気質で、誰かに従ったり、誰かの下についたり、そう言うのは嫌いだ。

プライドが高いとかではなくて、もちろん上下関係は考えるが、それでも平伏したりはしたく無い。とにかく世界の中で生きるには、やっぱり対等じゃ無いといけないよな。

それと昔から好きじゃないことがあって、それは大勢で群れること。グループを作って群れたりしてるのを見てると、『あそこに参加したら終わりだな』って思う。そこのリーダーならまだともかく。

一匹狼でもないけど、結局一つのグループ的なものにじっと参加しちゃうと、傷の舐め合いをしてるようにしか感じなくなる。けっこう甘いんだろうなって簡単に予想できる。

ぼくが求める対等は、そういうタダ横並びの対等ではなく、個々が、それぞれ自立した上で、対等であることだ。

七人の侍的なのは、対等と呼べる。

そうでなきゃ。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comentarios


bottom of page