top of page

「246」小さくても強く

ぼくらの工場は、家族経営だし、世界的に見てもとっても小規模な工場だけど、最近では取引先さんからの紹介などによって、日本国内だけではなく、世界の市場でも活躍されているようなブランドさんからも依頼してもらえることがたまにある。

ぼくにとって、それは嬉しいことで、その紹介してくれてる取引先さんというのが、ぼくが新しく企画してる生地をお願いしてる生地工場さんからということ。

何が嬉しいかって、その生地工場さんは、昨年から時間をかけてる企画で、ぼくの熱い想いをしっかり受け止めてくれて、それでいて取引してくれてるような会社で、その会社が、ぼくなら紹介してもいいんじゃないかっていうことで、声をかけてくれる。その生地工場は、オリジナルブランドを作っていたり、海外の生地展示会に出展したりして、海外の一流メゾンからも声がかかってたりするくらいの生地屋さんだ。

その社長とじっくり話したことがあって「やまだくんは、若い時の自分に似ている。熱意を持って新しいことにどんどん挑戦して頑張ってほしい」と言ってくれている。

こうした経緯があって、きっと紹介してくれていると感じている。そうすると、同じように熱意を持ってやっている人と出会うことができる。そうやって”似た人”っていうのは繋がっていくんだなと。

自分がこれからどうしたいか、もしくはどうなりたいかがちゃんと明確になってから、巡り合わせの質が変わってきたように感じる。

いくら小さくても、いくらちっぽけでも、もう関係ない。 「小さいことが弱いこと」ではないということを、ぼくが”ちゃんと”証明していきたい。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Commenti


bottom of page