top of page

「225」買い物

サーフィンで使用するウェットスーツを購入した。今までは借り物のウェットでやっていたし、板も一応持っているから、これで気兼ねなく出来る。

ネットで調べて名古屋にあるサーフショップに寄ってみた。そこは元々ウェットスーツ専門で扱っていて、お客からの要望があって、板を揃えたり、アパレルウェアやその他サーフィンに関するグッズが並ぶようになったらしい。

欲しかったサーフブランドのウェットスーツを見るつもりで行って見たんだけど、最終的には、そのお店のオリジナルのウェットスーツを購入することになった。 というのも、まず、店長さんの気さくな人柄が良い。だいたいサーフショップの兄ちゃん的な人たちはずいぶん横柄な感じだから、そういうお店で買う気にはならない。購入したお店の店長さんは入店した時からすごい物腰の柔らかい人で、話しやすかった。

ウェットスーツに関しても、セレクトブランドのものもあるけれど、オリジナルの物としっかりと違いを説明してくれて「この場合はこっちが良い」と、一様にどちらかだけを押してくる感じじゃないし、分かりやすくて親切さが伝わった。

結局、店頭にあったオリジナルのモノを試着してみたら、これがなんとビックリするくらいぼくの体にものすごいフィットした。わざわざ採寸してオーダーする必要もなく、そのまま購入。手入れの方法やメンテナンスのやり方まで、最後まで丁寧だった。こういった人から買えたことに満足だ。

長くても5年は着るだろうし、割返したら結構安い買い物と思える。 買い物って、最後にはお客の「満足」がなきゃいけないな。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

留言


bottom of page