top of page

「213」続・インプットのこと

「199」で話していた「頭の中にあることからしかモノは生まれない」という考えがより明確化し、より具体的な例えが浮かんだからちょっと書いておこう。

まず、センスや感覚って、いろんなモノをどれだけ見たり感じたりするかで、養われてやがて自分のモノになっていき、そこから新しいアイデアが生まれたり、モノが生まれたりすると思う。という話をしたんだけど、、、

これは、例えばRPGゲームで新しいダンジョンや新しい開拓地を切り開いていくことに似ている。つまり、地図がどんどん広がっていき、世界が広がっていくことは、「インプットしたこと」と同じということ。 すなわち、はじめは暗くてしっかり見えなかった地図が、ダンジョンをクリアすることで、明るくなり、その場所に初めていける。そしてまた次の場所へと徐々に広くを移動できるようになっていく。この現象を「インプット」ということに置き換えることができると思ったのだ。

ちょっとこの感覚、誰かに話しをする時がいつかきっとくると思うから、もう少しクリアに、わかりやすく伝えれるようにしておかないといけないな。

話変わって、ぼくはこういった時の例えが下手で、共感し得るような例えを上手く出せないのだ。例えが上手い人って、頭の中のイメージと、世界で起きている出来事を繋げるのが上手いんだなって思った。イメージと一番近い事象を、いち早く繋げれるのはある種の特技だと思う。

こういう日記やブログでちょっとずつ練習してるつもりだけど、なかなか簡単にはいかないし、これもセンスの問題だなーと感じている。しかし一向に上手くならないから、そもそもこういう才能はぼくにないなーと日記を書いてる上でだいぶ理解できてきた。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page