top of page

「173」負け試合

賢い人というか、上手い人というか、そういう人って”自分が負ける試合”はしていないんじゃないかな。これはスポーツとかの話じゃなくって、対人関係というか、コミュニケーションなど、人と交流する様々な場面で、結構そう思うことがある。

例えば、これはすごい例えばの場合だけど、普段全然クラブなんかにいかないような一般的よりももっとネクラな男子が、イケイケのクラブギャルをナンパしても勝率は皆無に等しいと思う。というような、戦う場所が違う場合でも、勝負に行くかいかないかって場面って結構あると思う。例えが全然うまくないな。。

要するに、賢かったり上手かったりする人って、そういう自分の土俵以外では戦わないようにしてると思うのだ。だから鼻から他の土俵に行くことはないし、むしろ相手を自分の土俵に上げるのが上手い。

良いとか悪いとかの話ではなくって、そういった自分の土俵を持ってたり、自分の戦い方を知ってる人って強いよな。でも逆を返せば、自分の土俵以外では非常に弱いということになる。

つまり、賢くて上手いのは確かだけど、それって”カッコイイ”とは違うんだよな。

カッコイイ人って、どんなフィールドであろうが対戦相手であろうが、自分を変えることなく、堂々と待ってる、まるで横綱のような感じを受けるのだ。

そういう”本当のカッコイイ”人になりたいなと、いつも思っている。こうして土俵だとかフィールドだとか、ぐたぐた言ってるようじゃあ、自分はまだまだだなと思う。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page