top of page

「131」メモ

もしも自分が、事故や何かで急に死んでしまうということを考えるとゾッとする。仮に今から外に出て、道を歩いてて車に跳ねられて死んでしまうとか、完全なハプニングなんか予想もつかないから、なんとも回避できないだろう。それはそうとある人が、そんなまさかのことがあってもいいようにと、ケータイにいろんな”メモ”を書いていると話していた。

ぼくはそんなつもりではないけど、相当ケータイにメモを取っている。ぼくの場合はメモをカテゴリー分けしている。

・ブログの案・服のアイデア・欲しいものリスト・会社について・行きたい場所・人に伝えたいこと・作りたいもの・パスワード①・パスワード②・カラオケで歌いたい曲・会社名の案・好きな言葉や名言・目標と目的・

散らかってはいるが、整理してあるものを数えてもカテゴリーで50以上は入っていた。これだけ入っていれば、もしも急に死んでしまったとしても「こいつこんなこと考えていたんだ」って、ぼくの考えの30%くらいは分かってもらえるだろう。 PCにもいろんなメモがある。

・シンプルの定義・ものづくりの理念・今作ってる服に込められた想い

などなど、たくさんのメモが入っている。これをみればきっと、ぼくが作りたい服の少しくらいは作れるだろう。だけど、どうしてもメモだけじゃ収められないのは当たり前で、メモはあくまでも「思い出すための引き出し」として保存しているから、頭の中の情報が常に記載されているわけではない。だから日々のこの日記は、頭の中で考えている今この瞬間のことだから、自分的にとても意味がある。

メモと日記はホントおすすめです。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comentarios


bottom of page