top of page

「99」

今日は和歌山県まで来ている。在来線を乗り継いで、出来るだけ経費を使わないように来ているけど、何に対してお金を使う事が一番ベストなんだろうか?ということを考えていた。

例えば交通手段でも、新幹線を使えば早い。在来線を使えば新幹線よりは安いけど遅い。だけどただ急いでいるからと行って新幹線を使うのも勿体無い気もする。今回は岐阜から和歌山まで在来線を乗り継ぎ、4時間近くかけて移動して見た。新幹線を乗り継いで行くより、1時間早く起きる事が必要だけど、たった1時間早く起きるだけでその分新幹線よりも安くなる。だったら少し肉体的な無理をして、安い方に乗った方が良い気がする。ぼくの場合はものすごく忙しくて時間がないほどの人ではないので、こうした手段を選んでいる。ものすごく忙しくて時間がないのであれば確実に新幹線を使うだろうけど。

交通費が安くなった分、他の経費に回せる。ぼくの現在の場合だと、研究開発費にその分を回すようにしている。新しい商品の企画をするのに、サンプルを作ったり、パターン(設計図)を作ったり、生地を試しに仕入れたり。開発のためにお金を使う事が、今は一番最優先だ。その開発がやがて新たなお金を産み、また新たな企画を実行できる。このループを生み出す「0(ゼロ)」の最初の段階が一番お金がかかる。時間もかかるし労力もかかる。

すなわち、未来の為に、今できることにお金を使う事が一番ベストなんだろう。今日来ている和歌山でも、この先どんな事が起こるか現段階では明確ではないが、そこには未来への可能性があるから、多少のお金を投資して来ているのだ。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page