top of page

「98」

中学時代の同級生と久しぶりに会った。ぼくを含めて4人だったけど、このメンバーは結構貴重というか、中学時代に大きな経験を共にした4人だ。みんな揃って会うのは7〜8年ぶりで、それぞれが、それぞれらしい大人になっていた。お互い今の状況を軽く話したりしたが、やっぱり4人が集まると、中学当時の大きな経験の思い出話に花が咲く。

その大きな経験とは、中学3年の夏休み、1週間かけて岐阜⇆京都を自転車で往復してきたのだ。中学生が他県に足を踏み入れることは、大人が初めての海外旅行に行くような緊張感にも匹敵する。自分たちの目の前で起きていることだけが世界だった中学時代、あの旅は、とてつもない冒険だったと思える。当時の思い出は、正直ところどころしか覚えていないけど、4人が集まると、各々の思い出がパズルのように組み合わさって、一つの物語が完成していく。

ママチャリで行ったという無謀さ。何度もタイヤがパンク。忘れられない京都御所での野宿。山で出会ったホームレス。コンビニで絡まれたレディースヤンキー。抑えきれない性欲を人の家の庭先で爆発。

あんな思い出は、あの時しか絶対に味わえないのだ。旅の道中に些細な事で沢山喧嘩したのはいい思い出話。だけどあの時はやっぱり未熟で、子供で、精神も肉体も弱かったけれど、”何も知らない”という強さは、大人をも勝っていた。なにせ当時は携帯電話すら持っていなかったくらいだ。

旅は人生に例えられる事があるが、確かにあの旅は、起承転結のストーリーもしっかりしていた。中でも忘れられないのは、滋賀の山中をやっとの想いで抜け、京都にさしかかった時のあの長い下り坂だ。まさに道が開けたあの感じは、きっと人生の中の絶頂のポイントを表していたんだろう。苦しくて苦しくて、それでも無心で前に進んで手に入れた、長い下り坂のあの幸せ。まさに理想的な人生とも言える。

そして長い1週間を終えて地元に帰ってきた時の、あの恐ろしいような寂しさ。もうこんなことは二度とないとも知らずに、疲れ切って家路に着いたあの切ない帰り道も、今では懐かしい。大人になった今では「ただただ楽しいだけ」ということはなかなか味わえないのだろう。あの当時しか味わえなかったことだ。

お互いに”共通経験”があるだけで、友達としていられる。あの多感な時期に、共有できた大きな旅の経験は、一生の思い出話しとして、また、それぞれが自分の子供に語り継いで行くんだろう。まさに、お金や物では変えられない、心にしっかりと遺った貴重な経験だ。

昨日のように、当時の旅のことを思い出した、とても楽しい会だった。 今のぼくは、正にスティーブキングがスタンドバイミーを描いた時の感覚に似ているのだろう。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

תגובות


bottom of page