top of page

「97」

気がつけば早くも一年の半分が過ぎていた。人によって遅い早いの違いはあると思うけれど、ぼくは早く感じている。正確には「振り返ってみれば早かった。」というのが正しいかもしれない。また毎年変わらない、いつものようにあっという間に夏が過ぎ、冬が訪れ、一年の終わりをさらっと迎えるのだろう。

振り返ってみてもこの半年、ぼくにとっては辛抱という言葉が今の所一番合ってる気がしている。何度か日記で書いているように、物作りの停滞を何度か繰り返し、その都度何か打開策はないかと考えて、試して、上手くいかず失敗して、その時その時は、とてつもなく長いように感じているが、「振り返って」みると案外早いもんだ。気づけば結構待ちわびたワールドカップも先日始まって、予選リーグも既に半分が過ぎている。結果までの過程とはいつもそんなもんなんだろうか。

これは感覚的にどう表現したらいいんだろうか?なぜ体感では遅く感じていたのに、過去の想像をすると早くなるのだろうか。物事の大小にかかわらず、毎年そんな感覚に陥るから、生物学的な、もしくは科学的な根拠でもあれば是非教えて欲しいもんだ。とはいえ、過ぎ去ったことには変わらないのだから、感想を述べていてもしょうがない。次どんな未来を迎えるかの今日がいつも大事になってくるだろう。

さて、残りの半分はどうなるか、既に大まかにプランは決まっているが、それにどれだけ自分の意識や生じる物事が追いついてくるのか。きっといつもと同じように後で「振り返ったら」早かったとなるんだろう。この”早かった”を”ちょうどよかった”に出来るよう、少し気を引き締め直して行こうと思う。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page