top of page

「79」

テレビとかで、芸能人が突然地方に現れて、いろんな人の話を聞いてその地元をどんどん紹介していくのを見てて、人との触れ合いはもちろんのことだけど、言葉使いや態度とか、相槌を打つこととか、そうゆうのをしっかり出来る人は、本当に見ていて気持ちが良い。いろんな質問が出来たりだとか、そういったのって大事だなぁと改めて感じる。

言葉使いは特に、なんとなくその人の裏側?が見える気もする。TPO合わせて謙譲語とか尊敬語だとか、正しくいろいろと使いわけれるだけで、随分と知的に感じるものだ。そのテレビでは、20代前半の女性芸能人が出ていて、使う言葉だったり、しっかりと話を聞いている様子や、話の聞き出し方だとか、質問も、ものすごい上手だったのが見ていて気持ちが良かった。

文学小説を読んだことがあるが、言葉使いや言い回しとか、心理描写とかを文字だけで表現するのは、読んでいて難しいが結構面白かったりする。いろんな角度から話が始まったり、一人称だったりそうでなかったり、人間の心理描写や言葉の並べ方など、様々な視点から構成されている文学書とかを、若い時にもっと読んでいたらまた変わっていただろうなと感じる。文字からいろんな社会背景や人間模様を想像することで、話の幅が広がりそうだし、また改めて読んでみようと思った。

その若い女性もきっと、文学とかを習っていたんじゃないかなって思うような表現方法を用いったりしていて、面白かった。しかしただ知的なだけでなく、相手の立場に立って考え、機転を効かせて話を掘り出すという彼女の特技は、とっても素晴らしいかった。

改めて学びは大事だなと思わされる、そんなテレビだった。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page