top of page

「76」

久しぶりにゲームをやっている。ゲームと言っても、プレステとか任天堂スイッチとかのゲーム機を使ってではなく、スマホのゲームだ。インターネットの世界でやるゲームだから、世界各国の人が一堂に、同じ場所、同じ空間に集うのだ。いやー、自分が子供の頃にやってたような、一人だけの世界とは違って、面白さが全然違う。

友達と協力プレイなんかして楽しむんだけど、お互い、自宅にいながら、チャットやスピーカーホンにして会話しながら出来てしまう。こりゃあ自分が子供の頃にあったら時間も忘れてずっとやってしまっていただろう。

スマホ=ほとんどの人が持っているから、もはやゲーム機は必要な区なってきている。まだサーバーの関係で、多少通信状態が悪くなったりするから、そこは難点だけど、画像はHDでとても綺麗だし、ここまでスマホで出来てしまうとは、本当にテクノロジーの進化には驚く。確かぼくが小学生の頃にファミコンが登場して、全ての男子たちはスーパーマリオにことごとくはまった。あれから約20年でここまで進化するとは、この先の進化もものすごい楽しみだ。同時に、快適や快楽を追求する人間の欲はすごいなあとも感じる。

ぼくがやっているゲームはPUBGという、戦闘ゲームだ。飛行機に乗った乗組員たちが、荒野や街に降ろされ、そこでいろんなアイテムをゲットして敵と戦う。敵とは乗組員全員で、100人ほどだ。100人は皆コンピューターではなく、ぼくと同じように人間がどこかで操っている。だけど、戦う場所が、仮想空間の街や荒野だから、少しもの足りない気もしている。

今後のスマホゲームは、Googleと共同して、Googleマップなどを使用して世界のいろんな場所にいけるゲームとかが出てきそうだ。VRもあるし、行ったことない場所へも行けてしまう、そんな世界が容易に想像できる。もうそんなゲームは出ているだろうけど、その先の進化で一体どんなものが出来ていくんだろうか。すごい楽しみだ。

いやー、本当に今のゲームには驚いた。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page