top of page

「73」

「モノを作る」ということは、自分の内へ内へと向かっていく作業だと思うのだ。自分の内とは、内面的な、もっと奥底の、自身の本質的な部分ということであって、モノを作っているようで、実は「自分作り」でもあるということに気づいていく。 その「自分作り」をしていく上で、必然的に多くのモノコトをインプットするようになり、それが作品へと落とし込まれていく。そんな作業の繰り返しだと思う。

モノを作るコトで、多くのモノを見たり聞いたり触ったり感じたり、と、自然と知識や体験が増えていき、少しずつではあるけれど、いろんな観点からモノを見られるようになって来ているなあと、自分でも少なからず感じている。

まさかこんな本を読むとは、昔では考えられなかったというような本を購入したり、そしてその本の中で紹介されていたモノを確認するために、見に行ったり、見に行った先でセレンディピティ的なコトが起きたりと。

全ての「モノを作る」という行為には、こうしたことが沢山あるから面白いのだと思うし、やめられないのだと思う。もはや、やめるやめないとかではなく”生活”に直結していて、その先ある「生きるとはなにか?」というところに繋がっている。

あと、”モノを作っている人”はやっぱり、たくさんの知識や感情を持っていて、面白い人がたくさんいる。なかでも本質的なものづくりをしている人からは特に、ズバ抜けて、卓越したヒューマンマインドを感じるのだ。ぼくが思うに”本物の人”とは、そういう人のことをさすんじゃないのかなと思うのだ。

そういう人はだいたい「じっくりとコツコツとやる」タイプであって、だからこそ「じっくりと、コツコツと」という日本文化的な言葉が、今も昔も変わらずに”その場所”にブレずにしっかりとあるのだと思う。

だからこそぼくは、この、すごく日本的な「じっくりと、コツコツと」という表現が、非常に好きになってきた。

最近こんな話を友人としていたから、モノを作るということで得た、本質的な発見を、ここにつらつらと書いてみた。ぼくは知識や経験がものすごく浅いし、実績もないから、これを読んで「なにを偉そうに言ってんだコイツは」と言われてしまいそうだけど、モノを作ることで発見したことだから決してウソではないのだ。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Komentar


bottom of page