top of page

「66」

第一次情報を掴むことは非常に困難だ。インターネットの普及により、様々な情報が飛び交い、フィルターを何層も、まるでミルフィーユのように重ね、そしてようやく自分の元に届く。その届いた時には、まるで伝言ゲームのように言葉が変わり、表現が変わり、ニュアンスや響き方すらも全て変わってしまっていて、もともとあった真の情報とは異なることが多いらしい。ネット上では、この日記もそうだけど、いろんな人がいろんな解釈を自由に発表し、どれが真実かわからなくなることが多い。ブロガーやアフィリエイターが増えて、専門的な人の意見が取り入れにくい。ということをぼく自身も感じることだってある。

その中で、第一次情報とはまさしくその情報の根源(現場)を目の当たりにしている情報ということだ。そうでない場合は”机上の空論”ということになるということだから、すなわち、リアルを見ることが、なんの偽りもない第一次情報ということだろう。それを間違いなくキャッチし、感じることこそが重要なのだろう。

先日いろんな記事やメディアに書かれていたお店に行って来た。第一次情報をしっかりと見るために。しかし、思っていたのとは少しだけ違っていた。自分の感じ方が悪かったせいかもしれないが、だけど情報とは少し違う感覚だった。いわゆる、自分の中の想像を勝手に膨らませ過ぎていたから、想像に劣ってしまていた感じだったかもしれないが。

だけどこれが良い悪いではなく、これでまた一つ自分なりの第一次情報を手にした。こうした”足で稼ぐ”積み重ねが、何よりも重要だということを改めて感じたのだ。

”第一次情報を得るには体験するしかない”

それは、ぼくの人生哲学になりつつある、”リアル”はウソをつかない。そういうことと同じ気がする。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page