top of page

「65」

東京で、とあるカフェに入った。仕事のアポの間に、休憩がてら入ったカフェだった。そのカフェの店員さんは、お客さんがお店を出る時、店の外まで見送りに来て「ありがとうございました。”良い一日を”」と、良い言葉を投げかけていた。

実際にぼくもカフェを出る時に言ってもらったが、なんだか照れくさいような、だけど言われて嫌じゃない、良い言葉だった。 若干違うが、昔観た恋愛映画で、恋する男の子が、学校の帰り際に好きな女の子に「また明日ね」と言われていて、すごく嬉しそうにしていたのを思い出した。”また明日、よりいい言葉は辞書にはない”と映画で綴っていたけれど、”良い一日を”も恋愛とかではないけれど、普段言われ慣れていないし、なんとなく恥ずかしいような、でもちょっと嬉しいような感じだった。次のアポも頑張れるぞと思えるような、ある種魔法の言葉見たいなところがあったな。

実際に自分でも、人に”良い一日を”と言ってみたくなった。言葉のお土産というか、感謝の気持ちもしっかり伝わって来たのだ。そして自然とぼくも「(そう言ってくれて)ありがとうございます」と口にしていた。

ぼくもまたお店や何かやる時、この言葉はマニュアルに入れてもいいと思う。とても参考になった、そんなカフェでの出来事だった。

それでは今日も、”良い一日を。”

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page