top of page

「63」

良くも悪くも、人間は物事に順応していって、いろんなことにどんどん”慣れ”ていくんだなーと改めて思う。日記もそろそろ、その”慣れ”になる頃だ。なんの気なしに初め、まだたった2ヶ月くらいだけど、2ヶ月経てばそろそろ”慣れた”と公言しても良い気がしてきた。本当は、当初のイメージでは3ヶ月や半年、1年と経過してから”習慣”として感じるんだろうなと思っていたけど、結構その”習慣”の感覚が出来上がってきた。

習慣というのは面白い。家でぐーたらすることに慣れてしまったり、はじめはおっくうだった遠くまで通うことにも慣れてしまったり、職場の環境とかも含め、”慣れ”という人間の気質は面白いと感じるのだ。しかし、この慣れが悪い方向ではやはり意味がないと思える。しかし良い方向へ持っていくための、始めの一歩がいつも大変だ。ジムに通い始めてそろそろ約2年になるが、はじめは本当に面倒だった。ジムの着替えを用意して15分かけて通うこと、仕事で疲れた日なんかは休みたくなったり、ぼくの場合は重たいものを持てなかったりして、軽く挫折しかけたこともあった。プールにも入るが、思うように長い距離をずっと泳げなかったりしていたけど、体も心も慣れた最近では、それを通り越し、ジムに行かずにはいられない体になってしまっていたのだ。あと、今日の夜はお肉を食べるから、ジムに行って体を動かして、腹ペコにしようとか、わざわざそんなことまでするようになった。でもこれはすごい楽しい。腹ペコの状態でのご飯はとびきり美味しいから。

こうした経験から学び、この先、自分の中での”習慣”のあり方を見つめ直していこうと思っている。習慣は、あくまで「ベストな状態をキープさせる為」ということに最近薄々感づいてきているのだ。例えばとある作曲家の人なんかは、毎日ベストな状態を保つ為に、決められたサプリを毎日必ず同じ量摂取し、毎日同じ服を着るために、同じ服を何十枚か持っていたり、髪はずっと同じ髪型であるとか。ここまで究極なのはまだ到底難しそうだけど、だけど「ベストな状態を保つこと」に大切なのは、きっとこの習慣作りなんだろうと思うのだ。むしろ、そうしなければならなくなって来ているんだろう。

精神は成長しても、体は衰えていく一方だから、「習慣化させる」という精神を持って体をコントロールして行かないといけなくなるんだろうな。30代、40代と年齢がかさむ中、自分なりの習慣作りをこれからはしていこうと思っている。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page