top of page

「49」

このブログをきっかけに人と出会うということが、少しずつ増えてきた。素直にすごく嬉しい。それも、このブログでは一切ウソを書かないようにしているから余計だ。思ったこと=本当のことだから、そのことに少しでも共感してもらえると、一気に親近感が出る。似たような思いを持っている人がいてくれることも嬉しい。

きっと賛否両論はあるだろうけど、それでもぼくは思ったことしか書かない。

縫製工場の方のことは、特に真実をしっかりと時間を書けて間違いないように書いていきたいから、一気に沢山は書けない超スローペースだけど、少しでもぼくや工場の姿勢が世間に伝わることを願っている。そしてこれから出来上がっていく服達にその思いをしっかり乗せていく。

ブログへのリアクションがあることで、ぼくなりのインターネットの使い方も少しずつ見えてきた。去年の9月頃から少しずつ地道に続けてきたことだ。まだ半年そこそこではあるが、こうしたことの積み重ねが、きっと本物の自分の財産になるんだろうと思っている。

じっくりしっかり続けるということは、畑を耕して、種をまいて、上手に水や肥料を与え、いずれ花が咲くことと同じだと思う。じっくり間違いがないことをしていれば、その通りの花がいつかきっと、咲くはずだ。

ぼくの本質は、ぼくの”本当”の部分にあるんだろうな。それを絶えず忘れないでいるために、この日記はまだまだ続けていくべきなんだろう。それに本当に思ったことをつらつらと書いていくのは、ずいぶん楽しいことだ。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page