top of page

「48」

映画「君の名前で僕を読んで」を観てきた。一言で、すごい美しい映画だった。映画の内容は日記では書かないが、何よりもあの場所の世界観がものすごく綺麗だった。

外国人はサマーバケーションで色んなところに出かける感じで、この映画は”北イタリアのとある場所”という設定だったが、あんな場所があるのなら一度行ってみたいと思える場所だった。果樹園の別荘地での物語なのだが、熟したアプリコットを食べたり、日光浴をしながら読書したり、暑くなったらプールに入ったり川に入ったり、夜はクラブのイベントに出かけたり。

時間に追われることなく気兼ねなく、存分に何もしないことを楽しんでる感じは非常に綺麗だった。ぼくも日本であんな場所を見つけて行ってみよう。2週間とか3週間の休みを一気にとって、やってみたいもんだ。

人生にはそんな時間も必要だろう。がむしゃらに頑張る時、がむしゃらに休む時。そんな風に時間の区別をしっかりつければ出来そうだな。

楽しみというか目標がまた一つ出来た感じだ。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page