top of page

「46」

友達のイタリア料理店がもうすぐ1周年を迎える。お店を1年続けるというのは、何にもないところからスタートして、少しずつお客さんが増えてきて、お店が回ってきているからであり、素晴らしいことだと感じる。

自分も小さいながらお店をやったことがあるが、困ったことがよくあったのだ。お店をオープンした人なら一度は経験していることだと思う。「友達だから少し安くしてくれ」という友達に、正直失望してしまうということが何度かあった。

それは絶対逆だとおもう。「友達だからこそ、応援したいし頑張って欲しいから正規の値段で支払いたい」と、ぼくは思うのだ。これは自分がお店をやって初めて感じたことだ。

スタートしたばかりの時なんて特にそうだ。軌道にも乗っていないし、売り上げもまばらだったり、非常に不安定だからこそ、簡単に大手のように割引することなんて出来ない。それでもなんとかして売り上げを確保し、店を回していかなければならない。そんな中で友達が割引してくれと言ってきたら、とても辛い。だったら買わなくていいって言ってしまいたいくらいだった。

やってみないと分からない色んな苦労があって、そうした苦労を夫婦二人三脚で乗り越えてきた友達のイタリア料理店。長く商売が続くことを応援して、一周年のディナーを予約した。楽しみだ。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page