top of page

「45」

仕事でもプライベートでも、初めて合う人にもどんな人にも物怖じしないような自分になりたいとずーっと思ってきた。偉そうにしたいとかではなくて、よく言う”自然体”というやつに憧れている。

でもそれって、そうなりたいと思っているウチはずっと出来ないんだろうなと感じるのだ。そうなりたいからそのように振舞ったりしたりしている時点で、それはただの振る舞いであり、本質ではないのだろう。

自然体である人に共通しているなぁと思うのは「確固たる何か」を持っているという所にあると思う。いわゆるそこだけは絶対ブレない部分だ。そういうのを持つことが出来ない限り、ずっと自然体にはなれないんだろうなと思う。

「男から見る、かっこいい男」はそういう人のことを指すんじゃないのかなあ。

こういうことを考えて求めている時点で、自分はまだまだだなぁと感じる。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Kommentarer


bottom of page