top of page

「44」

朝テレビを観ていたら、所ジョージが小学生の質問に答えていた。 「人生って一体なんですか?」と。きっと一言では答えられない難しい質問だ。

究極の質問だなぁと思いつつ、なんて答えるんだろうか?と気になった。「人生はきっとお爺さんお婆さんになってみないとわからないよ。もしかしたら歳をとってからでもわからないかもしれない。俺だってわからない。だからわかるまで一生懸命生きればいいんだよ。」と。

うまいこと答えるなぁと関心したのと同時に、今の自分だったらなんて答えるかなぁと考えてみた。「人生は、人が生まれてから死ぬまでのこと」と、言うかもしれない。

人は皆、死に向かって生きている。なんとなく生きているわけではなく、死ぬ為なのかもしれないと。ぼくのような若造には何もそんなことはわからないけれど、そんな気がするのだ。それは母親が他界した時にそう強く感じた。つい2、3日前まで元気だった人が急に死んだからだ。平和な日本でも、人と死は隣り合わせなんだと。そう感じたからだ。

でもその先はやっぱりわからない。死ぬことが決まっているのに、それでも生きるって一体なんなんだろう。所さんが言う通り、とにかく沢山歳を取るまでわからないだろうし、わかるまで一生懸命生きるしかないんだな、きっと。

GWが始まってどこか現実逃避しそうだった頭を現実にリセットしてくれた、とてもいい返答内容だった。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page