top of page

「41」

物事に集中して取り組む環境を作るのも、一つの大事な仕事な気がする。何かに取り組む時、例えばパソコンで打ち込む作業とか、実際に資材や道具を使って物を作る作業とか。

自ら集中することは案外難しかったりする。TVがあるからなんとなく付けてしまったり、ケータイを見てしまったり、眠気や空腹が押し寄せたりして、いろんな邪気が自分から集中を遠ざけてくるからだ。

ブログを書く以外にも、資料を作成したり、数字を打ち込んだりするからパソコンが必要だ。だけど会社に置いてあるパソコンではなかなか集中できない。話しかけられたり、電話がなったりと、そういった集中を妨げる要素がもともと存在するから。だからわざわざノートパソコンを買って、カフェなどの外の環境を利用して集中できる様にしている。ものを作るときは、会社の就業時間が終わって、スタッフがだれもいなくなったところでやっとスタートしたりとか。そうしないとなかなか自分自身が動き出さないから厄介なもんだ。

いざ初めてしまえば何時間も時間を忘れて集中してやることができるのだが、集中の領域に入るまでが億劫で仕方がない時がある。

ものごとに集中する時間が、もっと濃密な1日1日になっていけば、凄いことになるだろうな。そんな環境をもっともっと構築していかないといけないな。だれもが思うことだろうけれど、改めて感じたのだ。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page