top of page

「40」

この時期になるとアイスコーヒーをよく飲む。ぼくは普段コーヒーに何も入れないブラック派なのだが、たまーにフレッシュ(ミルク)だけ入れることがある。

母親がその飲み方をするからだ。それをふと思い出す時にフレッシュのだけを入れることがある。母親は、フレッシュの空の淵にまだ濃厚な部分が残っていたりするのを、愛犬のチコに舐めさせていた。

イオンの映画館の売店で売っているゴディバのチョコレートフラペチーノを飲むためだけに、わざわざ映画館に付き合わされたこともあった。映画館に行けばそんなことをふと思い出す。

母親が亡くなった当時は毎日一年間必ず仏壇に手を合わせ、定期的にというか頻繁にお墓にも行っていた。しかしもうまる6年経った。いつしかお墓に行く回数が減ってしまっている。当然常に頭や心のどこかに存在はあるが、こうやってふと深く思い出す瞬間がある。

今はそういう時にお墓に顔を出すようにしている。最近の自分や家族の近況を報告したりする。

もちろん返答こそないが、なんだか気持ちが晴れやかになる。 こうしてふと思い出すことがぼくにはとっては重要であり、ふと思い出してしまうことはこれから一生続くんだろうな。

次はまたいつ会いに行けるだろうか。定期的でなくても、たとえ盆や正月でなくても、こうしてふと思い出した時、また会いにいこう。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page