top of page

「39」

月額制で乗りたい車に「NOREL」=乗れる アプリで簡単アパート経営の「TATERU」=建てる あなたの縫ってを叶える「ヌッテ」=縫って

それぞれサービスの名前がすごくわかりやすくて、今っぽい感じのものが最近の風潮というか流行なのだろう。他にもこれからたくさん似たようなネーミングの付け方をする企業がまだまだ増えてきそうな気配だ。

例えば適当にいうが、競馬や競艇など競技系のギャンブルができるアプリ”キソウ(競う)”とかも登場してもおかしくないな。

サービスの名前や会社の名前とかって、結構その時代の背景が出ている気がする。ちょっとグローバルになり始めた時には英語の会社名が流行り、それからカタカナとかローマ字系のものが参入して、今ではちょっと面白い会社名とかも目にする。

その中で今は風潮として”わかりやすい+オシャレっぽい横文字”という感じがするなぁ。日本語を海外っぽく、もしくは都会っぽく表現すると「カタカナでローマ字」がいい感じなんだろう。飲食店とかでもたまに見たりする。

コンパクトでちょっとグローバル感があって、モノでいうとスマホみたいなイメージだ。”いつでも気軽に”といったところか。

でもこういうのってぼくは”流行り”な感じがどうしてもするから、途中でお客に飽きられちゃうんだろうなとどこか思ってしまう。それも先入観だけなのかもしれないけれど、なんかもうちょっと名前にも安心感が欲しい気がする。

ずっと残していく会社名やサービス名ってどんな名前がいいんだろうか。 ふと思ったりした。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page