top of page

「38」

ブログの閲覧数が少しずつ増えてきていることに最近気づいた。 当初から特別SEO対策とかも、そっちに自分の興味を取られると素直に思ったことを書けないから、しないようにしている。そして自分のためにもならないなと思って周りを気にせず勝手にやっている。

だけど面白いもんだ。どこからどうやってこんなページを知って見に来ているのかはわからないけど、じわじわと”誰も知らないところ”でやっているのも楽しい。

ラジオクラウドやポッドキャストなんかも、全くの一般の人がやってる番組があったけどそれがぼく的には抜群に面白かった。

ぼくがいつも聞いてたのは「三十代あずましくない乙女たち」というPodcast。北海道に住むOLの二人が雑談や恋愛とか仕事や旅行の話(主に北海道のこと)を自由勝手に話す番組だった。視聴者からしても顔も名前も何も知らないごく普通のOLさんのトークだ。残念ながら今はもうサイト自体もなくなってしまったが、読者はかなりいたと思う。(※上記リンクのサイトは、そのPodcastの大ファンの方が作ったと思われる。過去トーク)

終わってしまってすごい残念だけど、それもそれで一般の人のリアルが感じ取られて納得もできる。

この日記もある種似たようなものだ。 自分の写真や何をやってる人かを明確にはしていて、縫製工場のものつくりのことを書いているものの、日記の方ではそんなぼくが自分目線で好き勝手に思ったことを書きまくっているだけだ。それをこうやって少しずつ見てる人が増えているってなると面白いもんだ。正に個人の時代の真っ只中って感じでいいじゃないか。

きっと年齢や経験を重ねる毎に書くことも、ページの見た目とかも変わってくるのかなぁ。とはいえコツコツとやっていこう。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page