top of page

「35」

第一感を信じる難しさを痛感する。最終的に一周回って第一感が絶対的に正しいと思っているけれど、物事が進むたび、やっぱ違ったのかな、これで本当に大丈夫かなと不信感に襲われる。

そんなことを繰り返し紆余曲折、めぐりめぐって最終的にはスタート地点に感じ取ったものでゴーをかける。

紆余曲折するからこそ、やはり第一感が正しいしやっぱりこれだって思えるのか、もしくは紆余曲折しなくてもはじめっから第一感だけでスタートしてしまうことが正しいのか。

少ない経験からすると前者の方が正しいと思う。第一感での驚きやワクワクした思いをいつしか忘れがちになっているだけであって、それを他の人が見たときもきっと驚くだろうとワクワクする感じであれば、その直感は当たっていると思う。

あるラジオで、「第一感が降りてくるのはほんの一瞬だ」という話を聞いたことがある。例えば目の前にパッと並べられたプレゼン商品を見て、少しでも見過ぎてしまうとあっという間にその第一感は通り過ぎて行く。という話だった。

確かにそうで、見過ぎてしまうとスパイラルに陥る。いろんな概念が生まれてきたり、いろんな意見も生まれてきてしまう。

しかしそれが本当に難しい。ちょうど今、ぼくは第一感に戻ってきたところだ。これでやっと正式なスタートラインに立てた気がする。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page