top of page

「31」

何かを始めたりするときに、どうしても周りを見てしまったりしてしまう。きっとこれはぼくの中に根本的に癖付いてしまっている癖なんだろう。

過去を振り返ると、いざ何かスタートを切って始めたのち、時間が経ってからもう一度周りを見渡したりしてみて、「あ、別にこれでよかったんだ」と思わされることが多い気がする。 始めるときにいろんな心理が働いて、何か勝手な決めつけやプライドを無くせなかったりしていたんだろう。

そんなことをこれまで何度か繰り返してきていて、今改めて思うのは、結局のところ”なんだっていい”ということだ。「こうしなきゃならない」とか「こうするべき」とかという話は、大概いつも今までの統計や数字上の話であって、はっきり言ってそんなことは気にする必要すらないと思っている。ぼくの場合は。そんなもの、後でなんとかするしかない。

別に何をしたっていいし、自分の内から出てくる意思や思想に従うことがやっぱり最優先な気がする。もちろん人としての道理や社会的なルールの中でやることは言うまでもなく大前提として。その枠から決してはみ出してはいけないのは当然で、その中で何をするかが重要なんだろう。

だから人生はおっきな大喜利ということであって、、 問題「〇〇という名前で、〇〇という国(地域)に生まれました。さて、あなたはこの人生をどう生きる?」 こんなお題を出されているようなもんだろう。

回答は複数回答できるということで、間違っていたら別の答えをいつ出してもいい。きっと答えは無数に存在し、人によって様々なんだろうし。

なんだか楽しくなってきた。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

תגובות


bottom of page