top of page

「28」

縫製工場での仕事上、夏物生産の時期は麻素材の製品を作り、冬物ではウール素材など扱う事が多くなる。今は夏物生産の最終段階を迎えている時期だ。

生産量の半分位の製品で麻素材を使っている。そうするとなんだかいよいよ夏がやってくるなと感じる。日本には四季があるから、多種多様な素材を扱う事になるけど、毎度毎度、時期の知らせを素材から感じる。

そうするとやっぱり時期相応の素材の良さを改めて感じる。

時期相応の素材とはすなわち”自然的”なものが多くて、昔はいろんな事を開発したんだなと感心させられる。

今はどちらかといえば科学の進歩で、ポリエステルやナイロンなどその他多くの化学繊維がどんどん登場し始めた。汗をかいてもすぐ速乾発汗の素材、水に濡れない素材、多数存在するが”時期”を感じることは少ない。。

機能性の為の服が主流になってくると、どこか寂しくもなってくる。

やっぱりナチュラルなものに今は興味がある。

みんなはどうだろうか。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page