top of page

「27」

”声色”って言われるものは存在するんだなと思わされたことがある。

友達と電話している時にどうやらぼくの声に元気がなかったらしく、なんか悶々としてるだろ?って唐突に聞かれた。正にその通りだったから、その時に声色って存在するんだなと思わさせられた。

声の色って一体何色あるんだろうかとも考えたが、色と言われるだけあって無数に存在するんだろう。そして元気がなかったぼくの声色は一体何色だったんだろうか。

ぼくは普段と何も変わらず喋っていたにも関わらず、友達にはハッキリとそれが伝わっていたことも不思議だ。日々の悶々が積み重なって自分でも気づかないウチにそうなっていた。さらにそれが電話で伝わったとなるともっと不思議に思う。

確かにここ数日間ずっと悶々としている。描いているものが滞ってしまっていて、次の一手がなかなか出ていない状態だから。抜け出したいけど抜け出せない感じ。答えはもう直ぐ目の前にあるはずなのに。

そんな時の声の色はきっと濃淡でいえば濃で、色でいえば重たい深い色だったんだろう。幸せな感じだったらきっと淡い色になっているかもしくは発色のいい色になっていたと考えられる。

しかし、声だけで”色”や”様子”が伝わる人間ってのはすごいな。面白いもんだ。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comentarios


bottom of page