top of page

「22」

最近仕事のことで年下の男の子からメールがあった。ぼくなんかがそんな大したことは言えないが、せっかくぼくに連絡してくれたんだから、”ぼくが思ったこと”をそのまま伝えたりする。

メールで返事をして(電話でもそうだけど)いつもあとから、「あれは自分に言ってたんだな」と認識する。 人に言ってるようで自分に言っているというこの感覚って、いろんな人が思ってることだと思う。そもそもぼくの場合は特に空想での話は得意ではなくて、自分の経験してきたことからしか話はできない。

だからこういう相談事のやり取りの後、なんだか自分に喝を入れたようで、終わった後はだいたい前向きになる。人に言っておきながら自分ができていないことだって沢山あるって、でも頭のどこかでは本当はそれをやらなきゃって思ってて出来ていない。だからこそ、そう感じるんだと思う。

やっぱり自分はまだまだ半人前だなと感じてやる気が起きて、次の日にはなんだか頭も気持ちもすっきりしている。こうして自分を鼓舞して奮い立たせることで、また成長していくんだろうな。

人からの相談事で、自分も生き生きとできるのだから、人に真剣に向き合うということは、きっと自分の内面と向き合うことなんだろうな。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page