top of page

「11」

豊かな暮らしって一体どんなのだろうか。豊かの意味は「たっぷりとある」ということらしい。たっぷりと何かがあると豊かであるということなんかな。桜が満開に咲いている道をゆったり歩きながら通ることも豊かな感じがする。それはゆったり歩けるほどの時間がたっぷりあるからなのだろうか。

豪華な暮らしとどこがどうやって違うのかな。豪華だってお金がたっぷりあるからできるのであって、たっぷりなければできない。

資本主義社会だからこそ、豪華を豊かとするのか、もしくは貧困であっても豊かな人はいるかもしれない。それはもはや自分のさじ加減か、はたまた周りのさじ加減なのか。価値基準の置き所によって違うと言ってしまえば話は終わりなんだけど。

好きなこと、やりたいことを集中して行える環境も、ある種豊かだなとも思う。受け皿となってくれている環境という豊かさがあるからこそ。 そうすると自分自身、たまたま生まれた所が縫製工場ということもあって、たまたま服が好きになった。いつでも作りたいものが作れる。これはとっても豊かなんじゃないかな。それを求めている人もいるかもしれないし。 もしくはこれは幸せと言った方がふさわしいのか。。

ポカポカした天気だと、心なしか穏やかになる。これも豊かのうちの一つなのか。 一体なんなんだ、この日記は。。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page