top of page

「8」ほどほどな関係

”ほどほどな関係”がちょうどいいと感じる。 すごく浅いわけでもなく、これといって深い関係なわけでもなく”ほどほど”だ。

よくいくお蕎麦屋さんがある。1〜2ヶ月に1回くらいのペースで、かれこれ4年ほど通っている。平日も昼時はすごい混んでいて行列ができるというか、駐車場にすら止めれない。そんなお蕎麦屋さんのお姉さんとはケッコー”ほどほど”でいい感じだ。

名前や住んでる地域とかも一切知らないし、そのお店に行くといつもいるっていうくらいだけど、向こうもぼくが行くと気さくに「久しぶりやね〜!」と挨拶してくれる。

初めて行った時、だいぶお腹が空いていて、そばと丼物を一緒に頼んだ。そこの看板メニューだけでもずいぶん量があることを知らずに。 「お兄さんこんなに食べれる?(笑)」と言われ、ぼくは「ケッコーお腹空いてるしイケますよ !」とタンカを切ったのだが、さすがお姉さんのいう通り、多すぎて吐きそうになった。そんなやり取りがあってか、そのお姉さんの愛嬌ある感じと気さくさが肌に合ったせいか、ずっと通っている。それからずっと覚えてくれていて、行くたびに小話をする。知り合いというかきっと向こうからしたらただよく来るお客さんの一人だとは思うが。

この話を友人にすると大概、お前好きなんやろ?とか、連絡先聞けばいいやん?とか言われるが、なんか別にそうじゃない。愛想も良いいし雰囲気も良いけどそういうことではない。なんかそんな感じ。それがぼくの言う”ほどほどな関係”ということだ。

名前くらいは確かに聞いてもいい気はするが、そうじゃなくてそのお蕎麦屋さんの中だけの”ほどほどな関係”というのがちょうど肌に合っている。

人のことを知りすぎたりすると、いろいろ考えてしまったり、逆に全く知らないと一切考えもしなかったり。そこは恋愛に置き換えても似てるような気がするけど、決して恋愛関係のことを言ってるわけじゃなくて、人間関係として。 ふと思い出して食べに行く、会いに行くのがちょうどいいのだ。

前に書いたこのカフェのオーナーさんも全く同じで。 名前は知っているものの、他の細かい事情までは知らない。地元で一度バッタリ会ったことはあるが小話程度で、何をしてるのかとかその辺の細かいことは知らない。

それくらいが”ちょうどいい”ときもある。 「ちょうどいい」と「ほどほど」は、じつは横並びな気もしてきた。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page