top of page

「579」ジンクス

人によっていろんなジンクスがあると思う。 ジンクスとは「良い悪いどちらにせよ、縁起をかつぐ対象となるもの。」とされている。

ぼくもジンクスがある。 例えば仕事や恋愛とかが上手くいって欲しいと思っていたとして、周りの誰にも一切何も言わず、人知れず何かしら前向きな行動を起こすこと。これをすることで、今までの人生の中では上手くいっていることが多い気がする。 何か始める前に人にあーだこーだ話してしまうと、大抵上手くいっていない気がする。

例えば、とある名の知れたデザイナーさんと繋がった時も、誰にも細かく相談せず、自分で思い立ってデザイナーさんに直接連絡し、会うまでに至ったことがあるけど、実際に会う確約が取れてから、周りに話したり。

そう、物事がちゃんと現実になってから初めて人に話す。口外する。それが自分の中のジンクスだ。

口外するまでの期間、本当は人に言いたいし面白がってもらいたいけど言わないでいるその時間は結構モヤモヤするけど、現実になってから「実はさぁ・・・」っていきなり話して面白がってもらうときはめっちゃ気分が良い。

今回その自分の中のジンクスを守らずにとある行動を起こしてしまったことが何とも気になる。いや、人に話していようがいまいが、結果なんてのはきっと同じなこともわかっているけど、でも今までのジンクスがあるからこそ、今回はそこが引っ掛かる。

ジンクスなんて結果論の話しだし、自分が都合よく考えてるだけかも知れないけど、何でこれほどまでに縁起を気にしてしまうんだろうか。

どちらにどう転ぶか分からない状態を純粋に楽しみながら生きていきたいけど、 まだ何者にもなっていないぼくにとっては大きな引っ掛かりだ。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page