top of page

「542」ブスピタリティ

年末の仕事納めの平日ということもあって、出荷業務やら事務作業に追われている。 さらに今月は特に、ある大口の振込をしなきゃいけなくて、その大口の振込をしっかりしないと、助成事業の方が全てパーになってしまうこともあり、いつもより気合の入った月末だった。

朝から金融機関に行き、その大口の振込手続きをしに行ってきた。

その銀行はうちの会社のメインバンクではなく、サブバンクとして使っているから、普段金銭の動きがほとんどなく、その銀行へ出向くことも少ない。窓口を利用するのは2、3回目くらいだ。 銀行へ入ってすぐに、振込用紙を間違いないように記入して、窓口へ行った。

窓口には、女性が2人いて、手前の窓口でお願いした。 振込みたいのでお願いしますと言ったら、早口で捲し立てられ、ちょっとムッときたからもう一度良いですか?とわざと聞き直した。そしたらまた早口だったので、もういいやと思ってはい、と返事した。

その後も無駄に急いで作業していて、その様子がまた一段といらっとさせる。こっちは大きな金額の大事な取引を丁寧に行おうとしているのに、このブスときたらなんだ?愛想もなくただむやみやたらに急ぎやがって。ぼくは別に急いだ対応を求めているわけじゃない。丁寧さだ。

待合いの椅子でその様子を見ていたけど、急いでいたわりに、一番大事な通帳をぼくから受け取るのを忘れ、呼び出してきた。ぼくは嫌らしいけどそれを知っていた。案の定通帳をお借りして宜しいですか?と言ってきたので、あの、初めの時点で一緒の提出していましたが、そちらが受け取らなかったのでしまったんですよ。と嫌らしく言っておいた。

それからしばらくして振込手続きが完了したようで、なぜか隣のもう一人の受付の女性から呼ばれた。こちらの女性は愛想がよく、対応もしっかりしてくれたからまだ良かったが、こんなブスな銀行にお金を預けることはもう止めようと心に決めた。

前者のブスは、機械的な作業員といった感じで、態度もブスだから(こうなったら顔もその他全てがブスとしか思えないからな)これまで数々のお客さんをいらっとさせてきたんだなーって容易に分かる。こういうブスには、作業のスピードが速いことがお客が喜ぶことでは無いんだぞってしっかり教えてやる必要がある。

二人の受付の差を考えるに、これは多分育ちや環境の違いとかだろうな。 前者のブスは、決して整っていない容姿で、きっとそれなりの扱いを受けてきたんだろう。割腹もよく、ある程度思春期とか速い段階で女性を捨ててるブスに感じた。努力することをしてないんだろうなと容易に想像できる。 一方後者の女性は、メイクもしっかりして見た目に気を使っている。すごい美人とまでは言われないってことを自分で理解していて、(それでもキレイな方だと思うけど)だからか周りの人にちゃんと好かれる努力を怠っていない。そんな、相手に対しても思いやりがもてる人に思えた。

と、まあ完全に妄想だけど、ホスピタリティがなってない奴を観ると、本当に腹が立つ。百歩譲ってめっちゃ可愛い子だったら大体の男はこういうの許してしまうと思うけど、そうじゃない奴の場合ちょっとでも対応が悪いと全てブスに見える。

こういうのをぼくはブスピタリティと今日から呼んでるけど、今後ブスピタリティに遭遇したら、デリヘル並のチェンジをしてやることに決めた。もちろんキャンセル料は払わない。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page