top of page

「528」手柄、騙し騙され、損得

数ヶ月振り位に父親とサシで酒を飲んだ。その話はまた後日書くとして、地元のスナックに行って久しぶりのおじさん達と会っていろんな馬鹿話をした。

こういうスナックに来てるおじさん達は大体自慢話とかが多いし、価値観を押し付けてくる人が多い。昨日も案の定そういう話を沢山聞かされた。平均60代くらいのおじさんやそれ以上のおじいさんが集まってる中で、ぼくはまあ若いから、そういう話を聞かしる対象としては持ってこいなんだろう。ぼくもまた話を聞くのが上手いし可愛がってもらうタイプだから余計凸と凹が合っちゃって化学反応が起きる。

まあそれはおいておいて、自慢話とかは百歩譲ってへぇーへぇーと聞いてられるが、すぐに、儲かるとか儲からないとかの話ばっかりするからそれは全然楽しくない。本質じゃないからな。

例えばある会社の社長のおっちゃんが、今東南アジアの方へ市場を開拓をしていて、それには大手の商社などが参入しているらしい。どこまで本当かは分からんが。そういう話がたまたまあって、そこに、例えばぼくの服を上手くはめ込んでみてはどうか?みたいなことを言ってきた。。うーん、全く興味ねーなーって思ってるのを隠しながら、でももうお店も辞めたし今は何もないんですよねーと軽く受け流していたが、こういう初めの段階で参入しておいて、例えば君がディレクションしちゃえば良いじゃん!みたいのことも言われたけど、いやいやますますよく分からんぞ、ディレクション?俺はそんなことしないし出来ない。と思いつつ、いやーぼくはそういうこと出来ないけど、知り合いでそういうのやってる人はいますけどねー。と、どうせ酒の席の話だし真剣にならなくても良いか。とさらに流した。

そしたら、、儲かりそうなんだし自分の手柄にした方がいいぞ!なんて言い出す始末。

いやいや、適当に流してるってことを気づいて欲しいのと、あとなんでこの手のタイプの人って、なんでも自分の手柄にしようとするのか?金に目がないのか?こういう邪な考えがぼくはものすごい嫌いだ!

今新しい事業を進めてると何度も日記で書いているけど、分かりやすく言えばブランドってやつだけど(ブランドという呼び名は嫌いだけど今の所それしか呼び名がないんだよな)、今回の場合は自分が考えたアイデアがあり、そのブランディングとかロゴデザインなどを外部デザイナーに依頼した。例えばそういう話をしたら、そのアイデアパクられないか?とか言ってくる能天気のバカもいる。そいつはそういう邪な考えがあり、自分もそういう事をしてるから、そういう発想が出るんだろうな。きっとそいつの中では、世の中は怖いから注意した方がいいぞ的な、まじで分かってないのに分かった振りをすることにすら気づいてない自惚れさがあるんだろうが、それって本当にどうかしてるぞ。

なんでも自分のものにしようとか、手柄を自分だけのものにしようとか思ってる連中って大概本質的なバカが多い。特に金に振り回されてる奴は年齢なんて関係なく、本当にバカで浅はかだと思う。そんな奴に”本当のこと”を言ったとしても伝わらないからぼくは何も言わない。

あと、騙すとか騙されるとか、損得感情とかそんなくだらない所を主に生きてる奴らに真剣に相手するのなんてバカらしいことだ。

早く黙らせてやりたいな。俺の服で。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Komentarai


bottom of page