top of page

「504」ポニーテール好きとコンプレックス

遡ること約24年。小学校4年生の頃から好きになった同学年の女子がいた。 記憶を辿れば、確か4年生の時に同じクラスになって、5年生では別のクラスに、6年生の時にまた同じクラスになった事をうる覚えしている。

その女の子は、運動神経もよくて、頭もいい。体系もスラッとしていて、活発っぽいけど時より見せるちょっと恥ずかしそうな顔を思い出す。簡単に言えば非の打ち所がない女の子だった。きっと結構人気があったと思う。

その子がいつも髪を後ろで結いでいて、いわゆるポニーテールをしていたのが、ぼくがポニーテールを好きな理由だ。 それ以来、今まで付き合ってきた彼女とかにはポニーテールを強要していたかもしれない。。大人になってからは、前髪も全部後ろで一つに結いでるのが好きだ。

と、こんな人の好みの話はどうでもいいかもしれないが、24年も経った今でもあの時のイメージが残ってるなんて、当時は思いもしなかった。それほどにまで、当時の外界から受ける影響というのは大きいものだったんだと、深く感心させられる。心に残ったある種の傷は簡単には取れないという事だ。

結局その後その子と何かあったわけでもなく、告白出来ないまま、その子は私立の中学校へ行ってしまいそれ以来一回も会ったこはない。そういうある種のコンプレックス的な傷が残っている。

つまりぼくの頭のその部分の思考は当時のままでずっと停止してしまっている。停止してしまって放っておいたから余計、うる覚えになり、勝手に当時の事を美化していて、たまに引き出しを開けてその思い出探り出してきて人に話す時なんかはまるで形のないボヤッとした幻想を話していると思う。

それがぼくにとってのポニーテールというやつだ。

結局それを解決することはもう出来ないけど、同じ事を繰り返さないように、その後は告白出来ずに思いを残したままにしないように出来るだけ務めた。そのせいか、人生を振り返っても同じような心残りは他にはあまりない。

こうやって、多くの人にとって、ぼくのポニーテールのように色んなコンプレックスの観点があるかもしれないな。

ふと思い付きで書いてみたが、書いていて結局これはなにを話たかったのか自分でもさっぱり分からない。一見、遠回りして濁して色々話してるけど、ただ自分の好みを公表しただけの日記だな。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page