top of page

「502」事故と事後

仕事で車に乗る頻度はかなり高くて、いろんな外注さんに荷物を運んだり、出来上がったものを取りに行ったり、とにかく車で移動する事が多い。

車の運転が嫌いな方ではないからまだいいものの、車に乗っていて一番嫌なのは交通マナーが悪い人が多すぎること。 今だにケータイを耳に当てて思いっきり電話しながら乗ってる奴もいれば、最近流行りの煽りっぽい奴も沢山いるし、スピード出しすぎなバカタレも多い。危なっかしい高齢ドライバーもよくいるし、運転が下手な主婦系っぽい女性もいる。

ぼくはスピードは全然出さないし勿論シートベルトもちゃんとする。ケータイ操作はほとんどしないし、電話があれば当たり前にBluetoothだ。出来るだけ安全運転を心がけてる。

だけど、こっちがどれだけ気を付けてても、マナーが悪いバカタレどもがいるから運が悪けりゃ事故るし下手したら怪我じゃすまないことだってある。どう考えても感情的な人間が車を運転するより、コンピューター制御の自動運転の方が安全に決まっている。早く広まって自動運転当たり前の世の中になってほしいとつくづく思う。

それでちょうど昨日、車をぶつけられた。T字路でぶつかって左折しようとして止まってたところに、左側からこちら側に向けて右折してきた車の内輪が、ぼくの車にガツンとぶつかった。かなり早めにハンドルを切って右に曲がってきたのでスレスレどころかぶつかって当然の曲がり方をしてきた。いやいや、気を付けようぜ。10-0で向こうが悪いと言ってくれて話は付いたからいいものの、こちら側としては、、、

・車を代車にされる ・車の事故歴が付いて手放す時確実に値段が下がる ・時間を取られる ・時間を取られたせいで発送する筈の荷物を出せなかった ・次の予定に遅れ人に迷惑をかけた

相手がちょっと運転が荒いだけで、これだけの被害を受けることになる。本当に厄介な出来事だ。加害者にならないようにまじで運転は気を付けようとしか思えない。

と、嫌なことはとりあえずここまでで。。。

ただ、今回の場合は相手側の人が非常に物分かりある人というか、素直に初めから悪かった事を認めて謝ってくれたし話が付くのも早かった。ちょうどその場にお互い共通の知り合いが出くわしたこともあり、パパッと物事は解決した。 事故の翌日に相手側が代車を用意して、それでいてちゃんと菓子折りまで用意して、改めてしっかりと大切な時間を取らせてしまって本当に申し訳なかったと、深々とお辞儀してくれて。

ちょうど自分の親父より10ほど年配の方で、ここまでしっかりされると、全く怒る気にはなれなかったし、後味は全く悪くないからよかった。 同じ市内の人で、お互い商売してるということもあり、変な噂がたってもよくないし。むしろその誠意ある態度には好感ももてたりしたし、きっとぼくが事故ったという話を人にする時「相手の人がすごい紳士だったからよかった」というような文言をつけると思う。名前や場所なんかいちいち言わないけど、その人の株は下げないだろうな。

事故ってよかったとまでは言わないけど、悪いだけの事じゃなかったと思わされたのにはいっぱいやられた気はしてるけど。

すっげー嫌な事が起きたなー!最近ついてないなー! って、一瞬ネガティヴ思考になりそうになったが、いや、むしろまだ良い人で良かったぞ!オレはついてるな!と、運気を取り戻した気すらしてる。 きっとまだ良い事があるな。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page