top of page

「500」カテゴライズ、ツマラナイッス

カテゴライズがいかにつまらないものか改めて書きたくなったのは、やっぱりみんなその中で生きてるんだなーって、いろんな人と会っても大体思ってしまうからだ。

アパレルやファッションだと特にそういうのが分かりやすくて、世の中にいろんなジャンルのスタイルが存在していて、じゃあ自分達のブランドはこのジャンルだ!と決めていたりする。 そもそも、ブランドを作る過程で自分達のホームポジションを設定したりするのが当然とされていて、自分達は価格帯的にはハイブランドと中層ブランドの間に位置していて、ファッション性としてはモードとストリートとハイファッションを足したもので、客層は何歳〜何歳くらいをターゲットとした…はい、そうですか、もういいです。と心の中で思っている。全部どこかに線引きをして、その線引きによって区別しようとしてる。

それはつまり、ファッションとか音楽とか写真とか漫画とかそういうモノの中にちゃんと位置してないといけないのか?収まっていないとダメなんか? 〇〇県〇〇市〇〇町〇〇番地〇〇マンション〇〇階っていう風に、ちゃんと住所を持っていないとそれは即ち国民でないと認識されるようなシステム的なものと一緒なのか?

いやいやそうじゃなくて、そういうモノの以前にあなたはだれであなたはなにをやるの?そこにどんな思想があってどんな生き様でありたいか。ぼくはそれをただ聞きたいだけで。住所のことで言えば、べつに地球に普通に存在している人間だ。それでは満足できないってか。

「そういえばあれから新しくやるブランドはどうなったんですか?」ってよくいろんな人に聞かれるけどぼくは、ブランドとかファッションじゃなくて服を作っていて。。と言ってもあまり伝わらない。ブランドとかファッションとかの括りじゃないんだとそうやって遠回しに言ってもやっぱりピンとこない。つまりそう言うことについて考えたことはない人ほどピンとこない。だからいちいち細かく説明はしない。

でも「服」ってカテゴライズされてるじゃんって思った人もいるかもしれないけど、それは全く違って浅はかで、ちょっとだけ触れるとするなら、結局どんな物作りでも行き着くところは一つだと思っていてその中でぼくが選んだのが服だったというだけだ。

仮にぼくがこのぼくのままで、とある農家に生まれてとしたら、そこで”ぼくがぼくとして”生き様を表現できると感じたならば、農作物を作ってたと思う。つまりそういうこと。

こうやって言うと、じゃあ服じゃなくてもなんでもいいんだって言う骨の髄までバカな奴がいると思うけど、そんな奴はもう置いてけぼりにしておいて。ぼくがぼくとしてこの場所に生まれて、ぼくとして生きる中で見出したのが服であり、生き様を投影できるのが服なんだから、服に対して好きとかそんなクソ緩いもんじゃない。愛とかでもない。愛の定義によるかもしれないけど。

なんだかんだ説明しないって言っておいて結構本質を書いてしまったけど、分かってもらおうがそうじゃなくてもどっちでもよくて、こうやって俯瞰してみるとカテゴライズがいかにつまらないということを自分でも再認識できた。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page