top of page

「436」どこに行こうと思ってるか

ウチのHPを見て、新規のお客さんからの連絡も結構多い。ここ数日で新しいお客さんの来社が何件かあった。みなさん東京から来て、2時間弱程度お話しする具合だ。

現在主流のお客さんは、皆ぼくと同世代の人たちで、大体20代半ば〜30代後半の人達だ。この年齢層の人達が率先して新しく工場を探していたりする。そうして出会うことが多い。そういう新しい流れに変わったように思える。そして、この世代の人達はやる気に満ち溢れているように思う。

こうした中で、じゃあ”ぼく”は今後どこに行こうとしているのか。 「良いものを作る」「丁寧な仕事をする」「人対人のお付き合い」「対等な関係」こうしたキーワードのどれをも欠かすことは出来ないんし、やる気に満ち溢れてるのも当然のこととして。

それが前提で、何が出来るのかではなく、何をするのか。どんな会社になっていくのか。大きな企業は目指してもいないし興味もない。

ただ、ぼく個人としては、これらのことは全て当たり前のこととして、もう一つ二つ先に、もう一つ二つ奥にいかなきゃならないなと感じる。つまり、やってることにもっと意味を見出すことが大切だと。

じゃあその”意味”とは一体何かって、それをこの場で言ってしまうとなんだか答えを鼻から言ってしまって面白くないから、この場では言わないとして。。

とにかく、普通に考えつくことよりももっと次元が違うところにいかなきゃなーと。そうしないと、ぼくが服を作る意味、ぼくが服をやる意味がないよな。ぼくはその次元に行こうと思ってる。その道を今、少しずつ作って行っているところだ。

人生は単なるから騒ぎ、意味なんて何一つない。

そうやってとある人が言っていて、それはまさしくその通りなんだろうけど、、、 でも、いくらそう言っても、やっぱり意味を見出そうとしてしまうよな。 それはぼくが人間だからだろう。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page