top of page

「432」結婚について

芸能人の電撃結婚が世間を賑わしていて、当然のように自分もえ?まじで?となった。でも冷静に考えてみると、男性側がこれまでブサイクだとか言われていようが、でも出会える土俵に立っていた人だからこそだろうし、また、彼だから成し得たことだと思える。

例えばぼくやぼくの周りの友達が、いわゆる超一般人がそれに対してなんでだよって嫉妬してたとしても、いやいや、俺たちのスペック、完全に負けてるし土俵にすら立ってないぜ!って事だ。だけど唯一、もともとそういう超一般人だった人が努力を重ねてそういう出会える土俵にいけるようになったんだと考えたら、ぼくらみたいな一般人でも少なからず希望を持てる報道だったとは思う。

それと最近自分の周りの人で結婚する人がなんか多くて、そういうムード?の中ではあるけど一方、ぼくは結婚そのものをすでに経験してしまっていて、今では必要がないモノだと思ってるから、結婚というモノについて考えさせられる。

籍を入れるのはなぜ?結婚式を挙げるのはなぜ?と。ぼく自身もなんとなくの流れでそのどちらも経験している。

結婚して苗字が変わって、嫁いだり嫁がれたり、人を呼んで式を挙げ、子供が出来て、新居を構えたり、やがて子供が大きくなり巣立っていき、自分たちも老後を考える。そういう基本的な流れを世間やメディアなんかでもある程度見てきているし、その一部を自分はすでに経験してしまっている。

そう考えたら、やはりぼくが求めるのは結婚という既成概念じゃなくて、どんなパートナーが理想で、そのパートナーとどんな暮らしをするのか。そこに苗字や国籍だって関係ないと思うし。

言ってしまえば事実婚が一番理想だな。ぼくはそういう固定観念を持っている。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comentarios


bottom of page