top of page

「412」旅行の日数

自分の人生の中で、基本的に長期の旅行や長期滞在をしたことがほとんどないと思う。22くらいの時にタイのプーケットに1週間行ったのが一番長かったと思うが、1週間行くなら1ヶ月はいたいと思えてくる。そこまで行けば滞在になってくるだろう。

要するに、ただの旅行から滞在に変わるのはだいたい何日くらいだろうと、今回の北海道旅行で考えていたのだ。同じ場所にずっと宿泊するという前提で考えてみた。

1泊2日なんてただの旅行としか言いようがない。1日目は大体は移動で時間を使ったりするから、ゆっくり出来るのなんてその日の夜とかしかない。2日目にしても、今度は帰る準備をして、また移動がメインになってくるから、結局週末旅行なんて疲れに行っているようなもんだと思う。

2泊3日になると、移動と移動の間にまるっと1日のゆとりが生まれる。その1日はふんだんにその土地を満喫することが出来る。1日目はその土地の景色を何となくインプットして、2日目はその土地を実際に歩いてみたりする。3日目、ちょうど覚え始めてきたところで帰省といった感じだろうか。

3泊4日は、3日目にちょっとした土地慣れ的なものが出始めてくる。散歩しながら、この道をいったら、他に楽しみがあるんじゃないかなんて。夜の散歩も全然大丈夫になってくる。今回のぼくの北海道旅行はそんな感じだった。3日目の夜は外を一人で散歩しながらその街をじっくりと探索していた。セイコーマートのお手軽ワインを大体飲んだから、もうちょっと良いワインを買って見ようかななんて思ってたくらいだ。

4泊5日になると、なか3日もゆとりが生まれてくるから、散策して、翌日寄ってみたり、下手したらその街の居酒屋とか飲食店の人に覚えられ始めるんじゃないかな。 タイに行った時なんて、毎日行ってた地元のレストランのスタッフにちゃんと覚えられちゃって、最終的にはスタッフみんなで目一杯おもてなししてくれて、地元のダンスホールやライブ会場とか、プーケットの夜を思いっきり楽しませてもらったくらいだ。しかもその人たちがみんなでご馳走してくれた。

10泊以上になったら、きっともうちょっと親しくなって、いろんなその土地の遊びとか、もう少しディープなものを味わえたに違いない。 そう考えると、1ヶ月もいればその土地の人っぽい面して街を歩けちゃいそうだな。 3ヶ月や半年もいれば海外の言葉だってコミュニケーション取るくらいは出来始めたりするだろうし、1年もいればそれなりに話すことは出来そうだ。

普通に旅行するなら3〜4泊くらいが疲れなくて、その土地をちょっと知るつもりなら1週間〜10日は必要だと思う。海外の場合は特に、10日はないと楽しくなさそうだな。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page