top of page

「407」あとちょっと

なんやかんやで、製品としての出来は95%くらいの所まで来た。 正直、すでに街や店頭で見かけるレベルの消費物なんかより当然優れているけど、”自分の納得”を基準にこの製品と向き合ってきたから、そんな緩いものと比べた所で何の意味もないし、それでは簡単にはOKを出せない。

この大詰めの作業は音楽やゲームやパソコンでいう所のマスタリングみたいなもんらしい。音質調整、音圧調整とかもっと細かくあるらしいが、そういう基本的には人がそこまで気にかけない所まで、まだまだ意識を持っていかないといけない。

特に、ぼく的には同業者を驚かさないといけないと思ってるし、同業他社がここまでは出来ない、やらないっていうレベルまでこの製品を押し上げないといけないと思っている。

だからこそ、最後のこの大詰めの作業に、もう少し時間を要するだろう。

そこまでやり込んでも結局、今後はそれ以上の物作りをしていかないといけない。 ということは、これを初めてしまった以上、一切引き返せない所まで行ってしまう気がしている。きっと終わりはないんだろうと感じる。

そんな恐怖というか幸福というか、そのどちらでもある世界へゆっくりと入っていくのが自分でハッキリと分かる。

あとちょっとで出来ると言ってから半年はかかっている。でもまだもうちょっとかかりそうだ。手間暇をかけた分、それなりの答えが返ってくると願っている。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page