top of page

「403」観る側、魅せる側

この日記を書いてるのは23日だから、2日前だ。 25日ということは、この2、3年をふんだんに費やしてきた集大成を見せるすごい重要な24日の予定を終えているという事になる。

今世の中では、様々なアート系の展覧会とかイベント、いろんなインスタレーションが発表されたりしている。その様々なものに対して、いろんな人が熱狂したり、心踊らせ、期待を胸に、その日を楽しみにしていたりする。

ぼくも同じく、アート系の展覧会とか美術館に作品を観に行ったりしている一人だ。

だけど、そもそもぼくの気持ちとしては「観る側」に収まりたいと思っていない。「魅せる側」であり発表する側でいたいと思っている。目立ちたいとかは20代で終わったけど、そうじゃなくて自分もそっち側であるという自覚をしてしまっているから、観てるだけだとどうにも気持ちはおさまらない。

友達とかが、今度〇〇の展示会に行くとか、〇〇のイベントに参加するとか行ってるけど、そういうのを聞いてるのも歯がゆい。

きっと24日が、今後の”そっち側”であるということの大きな証明になってくれると思う。いつまでも観てる側ってのは、もうこれで終わりにしよう。

さて、26日の日記はその結果報告としよう。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page