top of page

「400」良い人、悪い人

ある人の言葉で「生きるということは、誰かに頼まれて生きてるわけじゃない」という言葉を目にしたことがある。要するに、最近自分が思ってることがほとんど全部含まれている感じがした。腑に落ちる。

生きている中で、あの人は良い人、あの人は悪い人、良い子悪い子っていう部類が大抵ある。それには小さい時から最近まで結構考えさせられたなぁ。 親の言うこと、先生の言うこと、先輩や上司の”言うこと”を聞いていれば、良い部類に入れられる。反対に”言うこと”を聞かないと、悪い人の方に仕分けられる。

要領良い人ってのは、「こうしておけば怒られないし喜ばれる」ってのを知っている人で、そこには自分がどうしたいかと言う意識はない。でも、それが社会には一番適している人。そのまま大人になればきっと良い大人だろう。でも本当のところ、それって違うよな。

何をするにもそこには「自分の意思」を介在させなきゃいけないと、今ではハッキリ思えるようになった。

つまり、誰かにとって良い人にもなりたくないし、悪い人にもなりたくない。そういう判断基準じゃないところで生きていたい。判断材料は、自分の経験値と価値観と審美眼と。そういった内在するものに判断を委ねたい。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page