top of page

「397」完璧な

一回の人生のうちで、全てをくまなく”知る”ことなんてない。 専門知識にしてもそう。人間関係にしてもそう。全ての縦軸のことや横軸のこと、どの分野にも関わらず全てを網羅してる、もしくは精通してる人なんて会ったことないし見たことも聞いたこともない。

だとすると、完璧な人なんてのはどこにも存在しないんだろうと想像するに容易い。

そう考えると、なるほど、じゃあ何か一つの事を、より多くより深く知れたほうが面白いかも知れない。その分野のエキスパートになる方が、人生は面白いんじゃないだろうかって推測したりする。

ぼくが好きな人は大体そういう人だ。植物に精通した人。いちごに精通した人。ワイン醸造に精通した人。花に精通した人。どの人も皆、その話をしてる時が一番楽しそうで、生き生きしている。それを生業にし、どんどんとその分野を掘り探っている。

これは、ぼくが好きな生き方なんだろう。ぼくが目指してる生き方なんだろうって思う。その人たちのようにぼくも”何か”をどんどん掘り探って行こうと思っている。

ミクロの中にマクロがある。そうやって親友もよく言ってるけど、本当だと思う。 ぼくはそのミクロを見つけてしまった人だ。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page