top of page

「392」テレビ

7月22日という実話を元にしたNetflixの映画を観た。 ノルウェーで起きた連続テロ事件の社会派映画で、非常に見るも無残な映画だった。

内容に付いては書かないでおいて、こういった社会的なニュースが日本で全然取り上げられていないことに驚く。この件しかり、他にも重大な世界のニュースがあるはずだけど、日本では東京のある一箇所の地域でバスが逆走したことを全国放送で長々と昼の時間2時間くらいを使ってたっぷりと取り上げていたりと。。

タレントの不適切な発言を取り上げたり、それを同じようなタレントがどーのこーのとコメントしてたり。他にも不倫だの熱愛だのって、彼らのそんなの、正直どうでもよくないか?この国は本当に大丈夫か?と言わざるをえなくなる。

最近特にその思いが強くなってきている。重要なことってもっとあるよな?もっと訴えかけなきゃいけないことなんて沢山あるだろうに。呆れ返ってきた。

自分たちが知るべきことを知るために、たとえ有料コンテンツでお金が掛かろうが、真実をまっすぐと捉えてるものや本当に重要な物事を観る方がぼくの人生にとっては有意義だ。

無料だろうがなんだろうがしょうもないものをこれからも沢山見せられるのはもうごめんだ。テレビなんてもう何も信用できない。テレビって、もう必要無いな。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page