top of page

「390」酒はドラッグ

昨日は久しぶりに飲みに出かけて、おいしい食事やワインを贅沢に楽しんだ。 その代償として軽い二日酔いだ。今回は二日酔いだとしても自分への罪悪感はない。

警察の人の話を聞いたことがあって、酔っ払って帰ってきて家で寝てるのって、ほぼ気絶に近いらしく、睡眠ではないから体力回復にはなってないらしい。 それで身体的に疲れているせいか、腹だけは減るんだよな。面白いもんで飲んだ日の次の日って、必ずと言っていいほど空腹感にやられる。

一日中、頭がぼーっとしていて、ずっとふわふわしてる感覚だ。ナチュラルハイになってるという表現が一番正しいだろうか。

朝からお客さんが来社するアポもあって、フワフワした状態で失礼だなーと思いながら打ち合わせして、昼飯を食って10分くらい仮眠しようとしても、目が冴えてしまっていて眠れない。熱いコーヒーをブラックで飲んでもさっぱりしない。夕方になった今でもまだフワッフワ状態だ。

先日のブログでも書いたけど改めてお酒って立派な合法的なドラッグだと認識出来るよな。これをドラッグと呼ばないでなんと呼ぶのか。酒は酒か?酒はドラックだ。

とにかく今日は早く仕事を終わらせて、仮眠しよう。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

תגובות


bottom of page