top of page

「388」Kindleと書籍

本を買う時はもうほとんどKindle版で買っている。 便利さについてはいちいち書かないけど、でももしかしたら、一生モノにしておきたい本とかって、書籍版で買っておいた方がいいんじゃないかなーと思ったりもする。

というのも、そもそも書籍版だと、その作品自体を物質的に自己所有しておける。だから燃えたりしない限り、半永久的に自分のモノだ。 だけどKindle版だと、あくまでも所有権はAmazon側にあるから、万が一Amazonが潰れてこのサービスが終わったら、今まで買ったKindle版のモノは読めなくなってしまう。

データは便利な反面、物質的ではないから、消えてなくなってしまうことが無いわけじゃない。書籍の場合はなくさない限り存在する。どっちがいいんだろうか。今後こうした問題はどうなっていくんだろうか。

Kindleはめっちゃ使いやすくて個人的にはすごい重宝してる。ぼくの場合はiPadミニを持っていて、Kindleアプリを使っているんだけど、出張に行く時なんかは、何冊もの本をたった一つのタブレットで持ち運べる。いつでもどこでも読みたい本が読める(Netflixだって見たいドラマをアプリでダウンロードすればいつでもどこでも映画が観れる)こんな最高な状況下において、本は書籍じゃないと絶対ダメだなんて遅れたことを言うのはぼくは違うと思ってる。

だけど書籍に関してはやっぱりせっかく買ったんだから半永久的に”所有”したいと思うよな。自分の人生に影響を与えた大事な作品とかなんかは余計に。

親友に進めてもらった手塚治虫の漫画が面白すぎて、とりあえず安くて便利なKindle版でまとめ買い。でもこの本は一生モノになる気がしてるから、ちょっと高くても書籍にしようかどうか一瞬迷い、この問題にぶち当たったのだ。

誰か最高な方法と未来を教えてくれ。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page