top of page

「378」タバコ

映画や動画を観てると、悪役的なキャラたちがタバコを吸ってるのを目にする。 禁煙してから結構経つけど、未だに吸ってるシーンを観たりすると、口の中がイガイガなってきて、かなり吸いたくなる。

実際、タバコがまずいというのはもう知ってる。タバコの煙の匂いなんかは嗅いだだけで気持ち悪い。電子タバコ含め、タバコ自体の匂いがもう結構だめだ。心地いい気はしない。

やめてみて思うのは、こんなに煙って匂うんだということ。嗅覚もおかしくなってたのか、吸ってる時はタバコの煙の匂いとかそんなに気にならなかった。きっとやめたみんな同じことを言うだろうな。

見様見真似で、高校生の時に吸ってしまって、それから大人になっても”ただなんとなく”でずっと吸ってきた。だけど吸ってる意味なんて全くないし、プラスになることなんてよく考えたら一つもなかったな。

ただ、タバコがあれば、疲れた時とかって、なんとなく一服するだけでリラックス効果もあったと思う。それに慣れすぎてしまってたんだな。(ピエール瀧もこんな感じで、同じだったと思うんだけどなー。別に人に悪さしてるわけじゃないからぼくは全然いいと思うんだよな。瀧好きだし。瀧に対して残念だとか思わないし、残念なのはCDが聴けないこと。その社会のバカな制裁に腹が立つだけ。瀧は全く悪くない!)

まぁタバコの場合は誰でもやめれるから、吸ってていいことがないと思うなら、やめたほうがいいと思う。意味があって吸ってるならいいと思うけど。

やめて得られたことは、食事がうまくなったとか、味覚が上がったとかはあまり思わないけど。健康な体でいようとする意思をしっかりと持てたことかな。 しかしまぁ、映画でヤクザとかギャングがタバコを吸ってるシーンは永遠にかっこよく見えるし、吸いたくなるだろうな。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page